憧れのスリムボディになろう > 下半身ダイエットに効くウォーキング

下半身ダイエットに効くウォーキング

下半身のダイエット、特にセルライトを減らすためには血液とリンパの流れを良くすることは非常に重要なポイントです。
体内の循環を改善するために最も効果的な方法はというと、実はウォーキングなのです。
激しい疲れもなく、特別な道具もいらないウォーキングがなぜ下半身のダイエットに効果的なのでしょう。

血液の流れを改善するためには、心臓と血管を鍛えなければいけません。
しっかりと血液を送り出す心臓は普段よりもすこし多めの心拍数を維持する運動が効果的。
息切れをおこしてしまうような運動だと、確かに心拍数は上がるのですが毎日続けることを考えるとあまりおすすめできません。
なにより、そういった運動を始めると筋肉痛を起こしてしまい三日坊主という結果が待っていますからね。

その点ウォーキングなら、筋肉痛をおこす心配はほとんどありません。
また、有酸素運動は内臓脂肪の燃焼とも関連があるので一石二鳥です。

そして、もっとも大きなポイントとなるのがリンパの流れです。
ウォーキングといってもただ単に歩くだけでは効果が薄くなってしまいます。
普段よりもクツ1足分だけ歩幅を大きくして歩いてみましょう。

すると地面を蹴るときに、太ももとふくらはぎ、そしておしりの筋肉に力が入ります。

リンパ液は筋肉の収縮によって流れが生み出されるもので、筋肉の緊張と緩和の繰り返しが最もリンパの流れが生まれやすくなるのです。

逆にとぼとぼとした歩き方だと筋肉にはほとんど力が入ることがありません。
更に歩幅が小さいままだと、おしりの筋肉があまり使われないままになってしまいます。

ダイエットのためのカロリー消費にウォーキングをするのではなく、下半身のリンパの流れをよくするためにウォーキングをする。
その結果脂肪が減って体重も落ちてくれればラッキーといった気持ちで始めてみるのが良いでしょう。

また、足のむくみが取れると、足の筋肉にたまった疲労物質も取り除かれやすくなるので、足がだるくてたまらないという人にもおすすめです。

更に、正しい歩き方ができるようになると、骨盤の歪みが矯正されて"ぽっこりお腹"も改善されることになるので、ぜひウォーキングを始めてみてください。

↑ページトップ