憧れのスリムボディになろう > トップページ

セルライトができやすい人

太ももやおしりのぼこぼことしたセルライトは血行が悪くなるとできやすくなります。
もうすでにセルライトができている人はこれ以上増やさないように、まだ目立ったセルライトができていない人も、目立つセルライトに成長させないようにしたいところです。

ダイエットをしてもこのセルライトは簡単には減らないので、増やさないことはとても大事。

では日常生活の中で気をつけなければいけないこととはどういったことでしょう。

セルライトは体内、特に脂肪細胞から生成される老廃物が上手に排出できていないことに原因があります。
この老廃物を処理するのはリンパ液と腎臓です。

リンパ液というのは全身を廻るリンパ管を流れる液体のことで、血液は体内の細胞で生成された二酸化炭素や毒素を運んで肝臓で処理するのですが、血液が処理できないものがリンパ液によって運ばれます。

両方とも、体内に不要なものを運んで処理することに違いは無いのですが、大きな違いは血液は心臓というポンプによって全身を駆け巡るのに対し、リンパ液は筋肉の収縮によって流れが生まれるということです。

じっとしていても流れる血液に対して、じっとしていると流れないリンパ液。

運動不足になると、リンパの流れは滞ってしまい老廃物を処理することができません。
水分が不足するとリンパ液の量が減って流れが悪くなります。
また、足を組んだりすると股関節周辺のリンパ管が圧迫されて流れが悪くなります。

これとは別に"むくみ"にも注意が必要です。
"むくみ"は体内の水分がたまっている状態。
特にリンパ液の流れが悪くなるとおこります。

このむくみの原因は塩分の摂り過ぎなどに影響を受けるほか、同じ姿勢を続けることでおこりやすくなります。
特に立ちっぱなしの姿勢で仕事をされる方は、家に帰る頃には足がパンパンにむくんでいるのではないでしょうか。

そのほかにも"むくみ"を引き起こす原因はたくさんありますが、"むくみ"をそのまま放置しておけば、その分セルライトができやすくなってしまいます。

血液やリンパの流れを悪くするような生活習慣を避けないと、セルライトは増えてしまうので気をつけてください。

↑ページトップ